旧キットムサイをウェザリング仕上げで製作してみました。【量産型ムサイ】

P8180044

リアルにウェザリングされたスケールモデルなんて、すごくかっこいいですよね。
超絶にリアルすぎて、真似してみたくてもやり方が???です。

今回はアマゾンでも高い評価を得ている『AFVモデル塗装ガイド』という参考書を購入し本格的にウェザリング技法を勉強してみました。
今回のムサイ製作はこの参考書に書かれている技法に挑戦していきます。

仮組み

P7200040

P7200041

P7200042

P7220044

パーツ数は少ないので仮組みまではあっという間に完了ですが、、
旧キットの製作は、ここからが大変です。

ポリエステルパテで修正

P7230068

P7230069

P7240070

P7240083

P7240084

P7240086

大きい隙間は乾燥時のヒケが少ないポリエステルパテで埋めていきます。

タミヤ メイクアップ材 ポリエステルパテ (40g) 87097

ラッカーパテで修正

P7240088

P7240090

P7240089

比較的浅いヒケや傷などはラッカーパテで修正します。
ラッカーパテは乾燥時にヒケやすいという欠点を持っていますが、ラッカーパテに含まれるシンナー成分がプラスチックを溶かしながら固まってくれるのでパテの食い付きが良いという利点もあります。

【 サーフェイサー500 ビン入り 】 40ml #CSSF285/ 下地の目止め、キズの修正に適してます! Mr.ホビー

パーツ洗浄

P7280002

P7280003

一通りの修正作業が終わりましたので、塗装前にパーツを洗浄します。

東芝 超音波洗浄器 MyFresh TKS-210

サーフェイサー処理・サフチェック

P7300029

P7300030

サーフェイサーを吹いて下地の状態を確認します。
ヤスリを当てすぎて、パネルラインが消えてしまっています。
他にも処理が不十分な箇所が多々ありました。

パネルラインの彫り直し

P7300031

P7300032

P7300034

P7300035

合わせ目の処理で消えてしまったパネルラインを復旧します。
ガイドテープを当てて、0.2mmのBMCタガネで彫りました。

BMCタガネ 幅0.2mm
スジボリ用ガイドテープ 3mm (30m巻)

パーツ紛失

P8070005

P8070007

P8070009

コムサイの羽を1枚なくしてしまったので、プラパンで自作しました。

下地処理完了

P7300036

P8070002

P8120024

何度からサフチェックとパテ修正を繰り返して下地処理は完了です。
仕上げのサーフェイサーを吹き付けます。

ブラック&ホワイトテクニック

ここから先の塗装作業は、『AFVモデル塗装ガイド』を参考に作業を進めていきます。
ブラックとホワイトでキットの明暗を塗装して、最後に基本色を吹きつけます。
この技法の利点は、、参考書にはなるほどという理由が詳しく記載されていますが長くなるので省略します。

P8130058

P8120024

P8120028

P8130035

P8130039

P8130041

スミイレ

タミヤのスミイレ用塗料ブラックを使用してスミイレをしていきます。

P8130043

P8130044

P8130046

スミイレが完了しまたら、一旦光沢クリアを吹いてスミイレを保護しておきます。

タミヤ スミ入れ塗料 (ブラック)

チッピングで塗装剥げを表現

使用するカラーは、水性ホビーカラーのブラックとレッドでこれを50:50の割合で調色したものを塗っていきます。
チッピング作業は面相筆やスポンジを使用します。スポンジを併用するこによって表現にランダム性を取り入れ易くなります。
チッピングする箇所は、宇宙空間での運用を想像して理論的に書き込んでいきます。

P8140059

P8140060

P8140061

P8140062

P8140063

P8140065

参考書にはやりすぎには注意をしましょうと書かれていましたが、案の定、やりすぎてしまいました。
塗装剥がれはエッジ周辺にとどめておけばよかったかもです。

油彩によるウォッシング

チッピング作業まで完了しましたので、次はウォッシングの工程に入っていきますが、
ここではじめての試みの油絵の具が登場します。
まずは画材屋さんで材料集めです。
地元のホームセンタームサシの一画に画材屋さんがありました。
ムサシは何度も行ったことがありますが、画材コーナーは初入店です。
ちょっと僕美術やってます的な空気を出しながら店内を徘徊し、
購入したのは下の4点です。

・油絵の具用の筆洗い液
・ぺトロール(油絵の具用の薄め液)
・ローアンバー(ウォッシング色の王様だそうです。)
・パーマネントイエロー(間違えました。本当はネイプルスイエロー)

P8150017

薄めたローアンバーを適当に塗っていき、ある程度乾燥したら余分な汚れをふき取っていきます。
油彩は乾燥が非常に遅いのでじっくりと拭き取りの作業ができます。

P8150018

P8150019

P8150020

P8150021

錆のような汚れのような面白い表現になりました。
油彩によるウォッシングは面白いです。

次の工程に進む前に光沢クリアーで油彩を保護しておきます。

ホルベイン 油絵具 4号(10ml) ロー アンバー
ホルベイン 油絵具 4号(10ml) ネイプルス イエロー
ホルベイン 画用液 ペトロール 200ml
クサカベ 画用液 ブラッシクリーナー 150ml

エナメル塗料によるウォッシング

続いて、エナメル塗料によるウォッシングを行い雨だれなどの汚れを再現していきます。
薄めたブラックのエナメル塗料を全体に塗ってから乾燥させ、溶剤を染み込ませた筆で余分な汚れを拭き取っていきます。拭き取りの際は、雨だれの方向などを考えてわずかにスジが残るように拭き取っていきます。
作業が終わりましたら、再び光沢クリアーで塗装を保護しておきます。

P8150024

P8160011

P8160013

部分塗装

ウェザリング塗装の前に塗っておけばよかったのですが、うっかり忘れてました。

使用する塗料はエナメル塗料ですのではみ出しの修正は可能です。
※エナメルのウォッシングはラッカークリアでコートしてあります。
簡易的なマスキングを施し、細吹きで塗りました。
はみ出た部分はエナメル溶剤を染み込ませたフィニッシュマスターで拭き取りました。
フィニッシュマスターは綿棒のように綿がほぐれてくることもないので大変使い易いうえ、
洗浄して繰り返し使うことができますので経済的です。

P8170004

P8170009

P8170010

P8170007

円形のマスキングテープの切り出しにはサークルカッターが便利です。
サークルカッターは任意のサイズで切り出すことができますが、ちょっと扱いが難しく回転させるときに軸がブレると円が歪みます。

この後、艦橋の窓部分も簡易マスキングで塗装しています。

P8170011

最後につや消しコートでつやを統一して完成です。

ドラパス パンチコンパス 05913

完成

P8180001

今回はじめて本格的なウェザリング技法に挑戦してみましたが、初めてにしてはそれらしく仕上がってくれたのではないかと思います。
自画自賛。
ウェザリング技法は奥が深く、実際にやってみるととても面白ろいと感じることができました。
今後はよりリアルなウェザリング技法の習得を目指して、またウェザリング仕上げの製作に挑戦していこうと思います。

完成写真

P8180044

P8180047

P8180051

P8180053

P8180055

P8180057

P8180059

P8180061

P8180063

P8180065

P8180066

P8180071

AFVモデル塗装ガイド (海外モデラー スーパーテクニック)


旧キットムサイをウェザリング仕上げで製作してみました。【量産型ムサイ】” への4件のコメント

  1. 初めまして、テツ(8641FS)と申します!
    しばいつんさんの所からお邪魔させて頂きました…

    ムサイ見させてもらったんですが、塗装技術凄いですね~!
    チッピングとか、ウェザリングとか参考になります!
    テツも今、量産型ムサイ製作してて・・・
    こんな塗装表現あるんだなぁ~って真似する気マンマンです!(笑)
    で、唐突ですが相互リンク貼らせてもらってもよろしいでしょうか?
    よろしくお願いします!

    • コメントありがとうございます。
      相互リンクの件、こちらこそよろしくお願いいたします。
      リンク集の表示順は毎回ランダムとなるよう設定してありますので、ご確認の際にはご注意下さい。
      さて、
      ヘタクソなウェザリングで恐縮ですが、ぜひ参考にしてみてください。
      電装ムサイの制作がんばって下さい!!
      完成を楽しみにしております。

      • こんにちは~
        相互リンク承認ありがとうございます。
        これからも立ち寄らせていただきますので、
        今後ともよろしくお願いします!
        では、また~

テツ(8641FS) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。